ETCカードとETC車載器の仕組み

ETCのうんちくを語ろう

ETCカードとETC車載器ってどうしてわかれているんだろう?車載器のタイプとその仕組み

ETCカードとETC車載器の仕組み

ETC用の機械は、ETC車載器と呼ばれているみたいね。

主人に確認したら、車関連のお店では取り付けサービスをしているので、そこで頼んだみたい。

ETC車載器は主に3つあって、私の家のはETC車載器にETCカードを差し込むタイプの2ピースタイプ、他には大きく二つあって、本体からアンテナを分離した3ピースタイプ、そもそも車にすでにETCカードを差し込めるようになっているビルトインタイプがあるみたい。

3ピースタイプはアンテナをダッシュボード上にとりつければ、本体はどこにでも取り付けられるようね。

ETC車載器にETCカードを挿入してはじめて、ノンストップ自動料金支払いシステムが使えるようになります。

だけど、このETC車載器ってどんなことを内部でしているのかしら。

ETC車載器は、自分が使用している車の情報を料金所のアンテナと無線交信で伝える役目をしているみたい。

でも、その料金を支払う機能は持ち合わせていないので、いつでも車載器にはETCカードが入ってなければ駄目なのね。

友だちの車を借りても、そこに車載器があれば自分のETCカードを使って支払いができるようになっているのね。

どうして、ETCカードと車載器を分けてあるんだろうと思ったけど、使い勝手がいいからだったのね。

お役だち情報サイト

Yahoo! JAPAN


Copyright (C) www.sommerfestspiele.net. All Rights Reserved.

ETCのうんちくを語ろう